【葉酸】いつからいつまで飲めばいい?摂取の時期によって違う3つの役割

 

妊活中から飲むと良い葉酸サプリですが、

いつからいつまで飲んだらよいのか悩むことがあります。

 

葉酸の役割は、摂取時期によって、少し違ってきます

そこで、葉酸の役割を摂取時期ごとにご紹介します。

 

妊娠前は子宮内膜の状態を良好に

16524045

葉酸は、ビタミンBの一種のためDNAやアミノ酸、赤血球の

元となるものを生成し、貧血予防、子宮頸がん予防になるため、

妊娠中に限らず摂取した方が良い栄養素です。

 

妊娠前~2週目までの超初期には受精し、受精卵が子宮に行く時期です。

この時期の役割としては、子宮内膜の状態を良くする

貧血を防止し冷え性を防ぐ、受精卵の細胞分裂を促すということがあげられます。

 

妊活中から、男性も葉酸サプリを飲んでおくと精子の状態も良くなり、

先天性の障害が起きにくくなります。

 

 

妊娠初期は先天性の障害を予防

7253407

3週目~12週目は妊娠初期と呼ばれ、

この時期はつわりが始まり、女性の体にも変化が現れてきます。

受精卵が着床し、本格的に細胞分裂が始まります。

 

妊娠初期は、脳や神経といった大事な部分が作られており、

この時期に葉酸を摂取しておかないと神経管閉鎖障害と

呼ばれる先天性の障害が起きやすくなります。

 

神経管閉鎖障害になると、二分脊椎になり産まれてから

生殖器や手足に障害が起こることがあり、

無脳症となった場合は体は育っても脳は育たないので

流産や死産となってしまう可能性があります。

 

妊娠初期には、一日0.4mgの葉酸を摂取すると良いでしょう。

妊娠中期後期の場合は、口内炎の予防、肌荒れの改善に効果があります。

 

出産後は産後の回復と良質な母乳

SONY DSC

授乳期の役割としては、産後の体の回復を促し、

抜け毛の予防があげられます。

 

また、母乳はお母さんの血液からできているので、

血を作る葉酸を積極的に取ることで、良質な血液を作り出すことができ、

赤ちゃんの成長を促してくれます。

 

良質な母乳を出すには、葉酸をきちんと取ることが大切になってくるので、

授乳期も意識するようにします。

 

このように葉酸は、摂取の時期によって役割が違います。

 

全期間を通して、お母さんと赤ちゃんの健康を保ってくれるので

葉酸サプリなどを利用して継続してとるように心がけるとよいでしょう。