初診のタイミング、生理日はNG?今さら聞けない受診の基本

 

妊活中に、婦人科へ行くとき、初診のタイミングはいつがいいのか、

初めての場合、分からないことだらけです。

 

初診のタイミングはいつでもOKなのか、生理日はNGなのかなど、

今さら聞きない受診の基本について、確認してみましょう。

 

初診のタイミング

13216116

一般的には初診のタイミングは、月経を避けての初診になります。

 

利用をする病院により、生理中でもかまわない場合もありますが、

生理ではない時が無難でしょう。

 

初診に必要なもの

14048483

初診には、保険証現金を忘れないようにしましょう。

 

大きな総合病院では、支払いにクレジットカードを使える場合もありますが、

精算は全て現金の病院も、まだまだ多くあります。

 

初診のときに、あれば基礎体温表を持参するようにしましょう。

治療を受けるときに基礎体温表があることで、治療の参考にすることができます。

 

病院からは、絶対に持参するよう言われませんが、

あるなら持参をするようにしましょう。

 

基礎体温表は、早急に用意できるものではないので、

妊活のためにも日頃から、一定時間の基礎体温を記録する習慣を

つけておくことよいでしょう

 

初診の時にかかる費用

14805422

初診の時にかかる費用の目安としては、5千円から1万円程が目安になります。

 

病院によってや、本人のその時の健康状態、

検査の種類や内容、初診を受けるタイミングなどによっても、

費用の違いは出てきます

 

夫婦で検査に行った場合は、2万円近くになることもあります。

 

基礎体温表など、事前に準備しておくとその後の検査がスムーズに

進む場合があります。

 

日にちに余裕を持って準備しておくとよいでしょう。