【妊活スタート】妊活と不妊治療の違いって?知っておきべき4つの基礎知識

 

妊活不妊治療という言葉は、近年使用されることが多くなり、

注目されている言葉の一つです。

妊活と不妊治療の大きな意味の違いはありません。

 

細かく分けるとすれば、

不妊治療の場合は、不妊という事実があって医療的な治療を行う意味があり、

妊活には、不妊治療も含め妊娠や出産など先々の事も考える活動

という意味があります。

 

不妊治療に関して知っておくべき基礎知識として、4つのことがあげられます。

 

不妊の定義

13984411

まず、不妊の定義です。

不妊は、避妊をしていないで定期的に性生活を送っているのに

1年以上妊娠しないことを指します。

 

1年以上妊娠しない場合は早めに産婦人科に相談する

治療を開始しやすくなります。

 

特に、女性の場合、卵子が老化し始める30代後半になると妊娠しにくくなるので

月経周期に異常がないか、不正出血はないかなど注意するようにします。

 

男性にも不妊の原因がある

1406656

2つ目は、男性にも不妊の原因があるということです。

妊娠し、出産するのは女性ですが、

不妊全体の25パーセントは男性のみに原因があります。

 

また、双方に原因があるのも25パーセントとなっています。

 

そのため、男性にも不妊の原因があるのです。

治療を検討する場合は夫婦で相談をするようにします。

 

不妊治療には様々なやり方

13824674

3つ目は、不妊治療には様々なやり方があります。

まず、検査を行います。

 

その上でタイミング法人工授精体外受精顕微鏡での受精と行っていきます。

 

妊活においては、タイミング法を試すことが多く、

タイミング法がうまくいかない場合は人工授精を試すケースが多いです。

 

体外受精は、費用もかかり経済的にも負担になることがあるので、

本当にそれでよいのか夫婦2人の生活で良いのかなど

しっかりと話すことが必要になってきます。

 

なお、国では不妊治療の助成金制度を設けています。

市区町村でも行われているところがあるので、確認をすると良いでしょう。

 

日常生活を大切に送る

13332804

4つ目は、日常生活を大切に送るということです。

妊娠をするには、ストレスをためない、食生活に気を付け、

規則正しい生活を送ることが必要になります。

 

妊活を行う上でも、精神の安定はとても大切です。

妊娠ばかりに目を向けず、毎日の生活を大切に過ごしましょう。