不妊っていつから?2年から1年に変更へ「不妊」の定義【日本産科婦人科学会】

 

妊活を始めると、自分が不妊症であるかどうか不安に思うことがあるでしょう。

 

そもそも、「不妊」の定義はどんなものでしょうか。

 

不妊の定義について、整理してみましょう

 

不妊の定義って?

2089395

日本産婦人科学会において、

「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間避妊することなく、

通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立を見ない場合

とされています。

 

また、同時に定義として

「その一定期間については、1年というのが一般的である」、

という文言が付け足されていますから、まとめると

 

1年以上避妊をせずに、性行為を行っているにもかかわらず、

妊娠ができない場合は不妊である

といった定義になります。

 

 

まずは1年間の妊活を

1650610

この定義で重要なことは、

1年以内に妊娠できれば不妊ではない」という点です。

 

少なくとも病院で不妊症だと診断されていないのであれば、

まず1年間の妊活継続が目標にできます。

 

1年間様子をみて、妊娠できないようであれば、

産婦人科の受診を検討するべきでしょう。

 

ただし、卵管癒着など自分の体調で少しでも疑える症状があれば、

そうした時間を待たずに、すぐに病院を受診しましょう。

 

不妊の定義は2年間ではないの?

11926237
妊活について、よく勉強している人は、

この定義を見ると「2年間ではないのか」と疑問を持つでしょう。

 

実は、日本産婦人科学会は、平成27年8月に再検討を行って期間を短縮したのです。

 

これは、国内から多くの指摘が寄せられたということも理由の一つですが、

そもそもWHOなどの海外機関では、1年間と定義していたのです。

 

そうした世界的な判断が、ようやく日本の医療の場でも適用されたことから、

不妊と診断されるケースは、これまでよりも増えてくる可能性が高いでしょう。