これを食べれば体質を変えれる!今日から始めたい妊娠しやすくなる食べ物

こんにちは。

妊活研究家のハルカです。

 

これを食べれば体質を変えられると聞いたら、是非とも妊活にも取り入れていきたいものですよね。

 

今日から始めたい妊娠しやすくなる食べ物として、妊活のためにも抗酸化作用が高い食べ物は最適です。

抗酸化作用が高い食べ物は、アンチエイジングで注目されているキーワード。

カラダの老化を防ぐんです。

だから、卵子の老化も防いでくれます。

卵子

また、妊娠には女性ホルモンの働きが大変重要です。

女性ホルモンがしっかり脳から行き渡らないと妊娠できません。

ホルモンは血流に乗って運ばれます。

ですので、血液はサラサラにしておくことが非常に大事なんです。

血液

そして、忘れてはいけないのが亜鉛です。

亜鉛も妊娠力を高めてくれるものです。

排卵をしやすくしたり、内膜を厚くします。

男性にもいいというのはもはや常識ですよね。

 

このように、妊活のためには、抗酸化作用が高い食べ物と血液をサラサラにするもの、また亜鉛を多く含む物を、できるだけ食事のメニューにプラスすることです

 

抗酸化作用が高い食べ物

抗酸化作用が高い食べ物を意識して、妊活のためにも

  • アーモンド
  • アボカド
  • 玄米

アーモンド

アーモンド

アーモンドには、豊富なビタミンEが含まれています。

 

活性化酸素の発生で細胞の酸化から守る、抗酸化作用が強力です。

アボカド

アボカド

アボカドもビタミンEが豊富です。

ビタミンEは女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

男性が食べても、精巣機能を高める働きがあるので、妊娠率が高まリ安くなるかもしれません。

 

玄米

玄米

玄米にも、ビタミンEの若返りビタミンがたっぷりです。

 

ビタミンEの栄養成分は、体内のホルモン分泌を促進させるので、抗酸化作用によって、体内の血管の老化を予防するためにも役立つことになります。

また一番実践しやすいのがこの玄米です。

他の食材は毎日食べることを考えると献立が大変ですが、玄米であれば毎日いつも食べている白米に混ぜて炊くだけ。

私のおすすめは、白米:玄米=2:1の割合です。

1:1にすると玄米独特の味わいが強くて、苦手な人は続けるのが難しいかもです。

 

血液をサラサラにする食材

血液をサラサラにする食品も良いですので、玉ねぎ納豆黒酢等も最適なメニューに加えることができます。

玉ねぎ

玉ねぎ

健康を気にする人にとって、血液の状態は気になります。

ですから、順調な流れになるように、野菜類でも玉ねぎを選ぶ人は多いです。

 

食生活の乱れやストレスなどでも、血液はドロドロとしやすくなります。

それをリセットするには、玉ねぎのサラサラ成分は、とても良い味方になってくれます。

お酢

お酢

普通のお酢ではなく、黒酢がもてはやされるのは、アミノ酸の含有量が8倍以上も含まれることにあります。

水で薄めておいて、食後に飲むなどするのもいいでしょう。

 

納豆

納豆

納豆には納豆菌がありますので、血液をサラサラにしてくれるので、流れが良くなります。

納豆を食べると腸内に存在をする、善玉菌を増やすことにもなります。

 

亜鉛を含む食物

亜鉛

妊活のためには、亜鉛を多く含む物も意識して食べましょう。

亜鉛を多く含む物としては、

  • 牡蠣
  • 豚レバー
  • ごま

等も最適です。