妊活中にコーヒーがNGなのはナゼ?カフェインが及ぼす本当に恐い3つの影響

 

妊活中には、体調を整え健康的な生活を送ることが大切です。

 

生活習慣が乱れていると、

健康面や精神面において、あまりいい影響を与えません。

悪い生活習慣は、改善していくように心がけるといいでしょう。

 

コーヒーをよく飲む方もいるでしょう。

 

しかし、コーヒーにはカフェインが含まれているため、

妊活中には、あまり多量のカフェイン摂取をするのはよくないといわれています。

カフェインの影響とは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

血糖値の上昇

SONY DSC

一つ目は、血糖値の上昇があげられます。

 

コーヒーを飲む場合に、砂糖ミルクを入れて飲む場合、

甘いコーヒーは、血糖値を上昇させてしまうことがあります。

 

また、缶コーヒーなどは、無糖以外のものはかなり甘いものが多く、

血糖値の上昇の原因になってしまうでしょう。

 

夜寝つきが悪くなってしまう

11761902

二つ目は、夜寝つきが悪くなってしまうことです。

 

なかなか寝付けずにいると、規則正しい生活ができず、

その影響で、ホルモン分泌の乱れなどが生じてしまうこともあります。

 

ホルモン分泌の乱れが起きると、妊活中の場合には、

あまりいい影響を与えることはないでしょう。

 

そのため、ホルモン分泌の乱れが起こらないように、

カフェインをあまり摂取せず、睡眠がしっかりととれるような環境作りが大切です

 

冷え性

9870829
また、カフェインの影響では、血管が収縮し冷えることで

冷え性になる場合があります。

 

カフェインは、血管を収縮する作用があるため、血行不良などにつながり、

代謝機能に影響があると、冷え性やむくみなどの症状が出ることもあります。

 

通常時でも、カフェインの多量摂取は控えるようにするといいでしょう

 

カフェインの影響について、気をつける必要はありますが、

あまり神経質になる過ぎるとストレスが溜まりやすくなります。

 

適度に注意しながら、楽しく健康的な妊活生活を送ることが大切です。